購入時のポイント

パソコン上記のような理由から、DWG互換CADにおいては価格だけが検討のポイントでないといえます。正規のCADソフトより安く、またその中でも一定のクオリティーは保てる絶妙なソフトを選ぶことが重要となってきます。ですが、そうなってくると少し不思議にも感じられるかもしれません。2つの要素を兼ね備える絶妙なソフトは、ひとつあれば十分なのでは?という点です。にもかかわらず、数多くのソフトの中から選りすぐる必要というのが事実存在します。いったい、なぜなのでしょうか。

理由は、同じDWG互換CADでも、どの分野で使用するかで最適なものは異なってくるためです。CADとして優秀かどうかではなく、自社の実務において最適かどうかを見極めることこそが、ベストなCADソフト選びとなってきます。CAD活用分野は、とにかく幅広いです。前述で紹介したもの以外にも、20以上に及ぶ分野で役立てられています。実務に適したDWG互換CADを選んで、コスト削減とスムーズな活用を両立してください。

また従来のソフトから変更する場合には、社内における教育訓練も考えておかなくてはなりません。従来の知識でそのまま引き継げるのか、それとも仕様の違いを訓練しなくてはいけないのか、そのあたりも検討時のポイントといえるでしょう。