CADの課題

ポイントCADが業務に欠かせないのなら、従来通り活用していけばそれでいいのでは。そんな風にも思われるかもしれません。ですが、BIMやCIMも登場してきている中、CADも従来同様に運用し続けるというのは、決して簡単なことでもありません。なぜなら、CADソフトには結構な運用コストがかかるためです。業務面で問題なくても、経費面について削減を考えていかなくてはなりません。

CADを考える上で代表的なのが、AutoCADでしょう。CADの基本的なソフトであり、専門スクールの学習カリキュラムの多くでももちいられています。また、従来からベーシックな存在として一線で活用され続けてきたものもまた、このAutoCADです。

そこでポイントとなってくるのが、運用コストは削減しつつも、最低限AutoCADのようなベーシックなCADデータを読み込み、もしくは書き込みがおこなえる状態は維持していかなくてはならないということです。従来のデータをおこす際、これらができなければファイルは無用の長物となってしまいます。

CAD運用コストを削減しつつ、なおかつデータの読み書きは維持するためには、どうすれば良いのでしょうか。次項にて、おすすめのポイントを紹介します。