DWG互換CAD購入

AutoCADなどのメジャーなCADソフト以外にも、CADソフトは存在します。それこそ、運用コストを抑えられるものも見つけられるでしょう。つまり、コスト削減を考えるなら、単純にCADを安価なものに切り替えれば良いのです。ですがこのとき、重要なポイントを忘れてはなりません。それは、メジャーなCADソフトで書き出すデータに対応したソフトを選ぶということです。

CAD
画像出典 {アレス│Auto CAD運用}

AutoCADなどで使用されているネイティブなデータ形式は、「.dwg」の拡張子がもちいられているDWGファイルです。これは1982年にAutoCAD最初のリリース時に開発された、伝統的なファイル形式でもあります。主には、設計、ジオメトリデータ、マップおよび写真が含まれており、登場以降、設計分野において欠かせない存在として今日まで役立てられ続けています。

こうした理由から、CADのコスト削減のポイントは、安価なCADの中でも、いかにDWG互換に優れているかという点であるといえます。互換性があったとしても性能の低いものであれば図面ばけが懸念されます。また大きなファイルを扱う場合には、安定性や操作性が維持できるかどうかも重要です。これらのポイントを考えながら、コスト削減に力を注いでください。