CADのこれから

CADⅭADは、建設や機械製造といった分野でもちいられているベーシックなパソコン業務のひとつです。専門知識やソフトスキルを駆使して、CADデータに入力することで、完成度の高い設計業務に繋げることができます。建築における使用が代表的ですが、自動車や宝石加工、さらにはアパレルでももちいられるなど、用途は幅広いです。そのため、就職に有効となるスキルとして手に付ける人も少なくありません。

ですが近年は、さらなる設計図制作の技術も登場してきています。CADは、主に2次元データを使って設計図を描く方法です。ですがさらに詳細な図面おこしが可能となる、3次元データが新たに台頭しようとしてきているのです。それが、ビルディング・インフォメーション・モデリングことBIM、そして土木界におけるBIMといわれる、コンストラクション・インフォメーション・モデリングことCIMです。いずれは、これらの方がメインとなり、CADが少数派になる時代も訪れるかもしれません。

とはいえ、まだまだCADの重要性も大きいのが実際のところです。なぜなら、過去に作られたCADデータに関しては、CADファイルとして読み込めなければいけないためです。BIMやCIMへの転換に力を注ぎつつも、CADも引き続き継続していかなければいけません。そうなってくると、徐々に使用頻度も低下してくるであろうCADは、極力コストを抑えたいところです。どのようなコスト削減が有効なのでしょうか。CADのコスト削減について、特集しました。